大型ビジョン(LEDビジョン・街頭ビジョン・屋外ビジョン)のことなら

大型ビジョンのライザウエスト大型ビジョン、LEDビジョンのライザウエスト

大型ビジョン、LEDビジョンのライザウエストお問い合わせ

大型ビジョン(LEDビジョン・街頭ビジョン)

■大型ビジョン製品紹介

組み合わせ自由なLEDパネル

大型ビジョンは、小さなLEDパネルを組み合わせて作られています。
豊富な種類のLEDパネルで、画面サイズ、縦横比率、カーブした画面などが作製できます。

※左) カーブした画面の例
※右) 帯状の画面の例 (弊社設置ではありません)
環状ビジョンリーマンブラザーズ
※クリックで拡大

選べるピクセルピッチ

ピクセルピッチとは、1ピクセル間の、同色のLEDとLEDの間の距離の事です。
ピクセルピッチが小さいほど、面積あたりの解像度(ひとつの絵を、どれだけの数の点で表すか)が高くなります。
LED大型ビジョンのピクセルピッチ
※クリックで拡大

ピクセルピッチ小
【メリット】
・ピクセルピッチ大と比べると、近距離でも視認可能
・面積あたりの解像度が高い為、映像がきれい
【デメリット】
・ピクセルピッチ大より面積あたりの金額が高い
ピクセルピッチ大
【メリット】
・ピクセルピッチ小より面積あたりの金額が安い
【デメリット】
・ある程度の距離がなければ、映像を視認できない
・面積あたりの解像度が低い


同一面積であれば、ピクセルピッチが小さいほど、きれいな映像になりますが、
大型ビジョンとターゲット場所までの距離によってはオーバースペックになりがちです。
弊社では、設置場所とご予算から、最適なピクセルピッチをご提案致しています。

※詳細はLinkIcon大型ビジョンの基礎知識にて解説しています。

弊社大型ビジョンで選択できるピクセルピッチ

屋内用
1.5mm / 1.9mm / 2.6mm / 3.9mm / 5.2mmなど
屋外用
4mm / 6mm / 8mm / 10mm / 16mm / 20mmなど

ピクセルピッチ別解像度比較

4,000mm × 3,000mmの大型ビジョンを、10mm、16mm、20mm、26.7mmピッチの4種類で
解像度を比較すると、以下写真のようになります。

大型ビジョン解像度比較
←※クリックで拡大

写真上 ・・・10mmピッチ 解像度 : 400 × 300
写真中央上・・・16mmピッチ 解像度 : 250 × 187
写真中央下・・・20mmピッチ 解像度 : 200 × 150
写真下・・・26.7mmピッチ 解像度 : 149 × 112

解像度が低くなるにつれて、画像が粗くなり、文字が見にくくなってきます。

特に漢字は、低解像度では字がつぶれやすいので、他社広告を募集して運用される方は
「画面サイズ」と「ピクセルピッチ」の選定が最も注意が必要な項目となります。

※詳細はLinkIcon大型ビジョンの基礎知識にて解説しています。


LEDタイプについて

LEDタイプには、従来型の砲弾型(1R1G1B)と、SMD(3in1)の2種類があります。
砲弾型は、挿入実装型・DIPとも呼ばれ、それぞれ独立したR(赤)×1、G(緑)×1、B(青)×1で、
1素子を構成しています。
SMDは、表面実装型と呼ばれ、1つの素子の中に、R(赤)×1、G(緑)×1、B(青)×1が入っています。
※1つの素子とは、デジタル画像などでは1ピクセルと呼ばれているものです。

SMDタイプの特徴

SMD
・砲弾型と比較すると1素子のRGB間の距離が短いため、混色率が高く映像がきれいです。
・上記と同じ理由で、砲弾型より近距離からの視認に耐えられます。
・素子形状が砲弾型のDIPと違い、平面型のため、視野角が広いです。
(砲弾型 : 水平135°垂直60° / SMD : 水平160°垂直120°)


※)左が砲弾型(1R1G1B)、右がSMDタイプ(3in1)
砲弾型LEDSMD
※クリックで拡大

キャリブレーション技術

大型ビジョンを構成する、全てのLED球の輝度、色合いを均一に調整しています。
これにより、高い演色性と、自然な色合いの映像を実現することができます。

※詳細はLinkIcon弊社大型ビジョンの特徴にて解説しています。

輝度調整システム

センサーにより、周囲の明るさを認識し、輝度を自動で調節します。
昼はしっかり、夜は控えめに光るので、一日中はっきりと視認できます。
また、余分に光らないため、使用電力も削減できます。
また、時間指定による輝度パーセンテージ設定も可能です。(機種によっては時間指定ができません)
調整段階は、100段階です。

騒音が無いファンレス仕様

放熱に優れたアルミ製パネルを採用した、ファンレスタイプのパネルも取り扱っています。
ファンが無いため、放映中も騒音がありません。
また、使用電力も大きく削減できます。

ファンレス設計
※クリックで拡大

■放映管理ソフト DVI Player

※ご注意)
弊社では、PCに専用ソフトのDVI Playerをインストールして放映するシステムと
ビデオサーバを使用して放映するシステムの2種類を提案していますが
お客様のご希望により、映像出力機器を変更する事が可能です。

e-Vision Editor Pro 画面1e-Vision Editor Pro 画面2
▲DVI Player 操作画面(※クリックで拡大)

▼【動画】「DVI Player」を使用したスケジュールの組み方(1分34秒)

文字・動画ダブルレイヤー

文字と動画を別々に入力し、重ねて表示させる事ができます。
文字をはめ込んだ映像を作る必要が無いため、文字だけ、動画だけの変更が出来ます。

メールテロップ機能

受信したメールを自動で確認し、リアルタイムにテロップ表示できます。
様々なシーンで活躍する機能です。
※メールだけでなく、ソフト上でも自由にテロップ機能を使用できます。

RSSリーダー機能

RSSを受信し、テロップ機能で放映することができます。
告知したい情報のスピーディな発信が可能となっています。
※詳細はLinkIcon弊社大型ビジョンの特徴にて解説しています。

フォント・エフェクト

様々なフォントがプリセットされており、文字の大きさ、色、背景帯色
文字の影、テロップの動き方、速さ等様々な設定が可能です。
※フォントは、OSのフォントをご利用頂けます。使用したいフォントを自由に追加できます。

簡単なスケジュール管理

時間や日にち単位で、放映スケジュールを管理できます。
例えば「昼は子供向けの、夜は大人向けの映像を放映」なども
簡単に設定することが出来ます。

時計表示機能

画面上に、時計を表示することが出来ます。
フォントの位置、大きさなど自由に設定可能です。

温度表示機能

百葉箱を設置し、そのデータを抽出することで
正確な温度表示が可能です。

■大型ビジョンのシステム

※ご注意)
弊社では、PCに専用ソフトのDVI Playerをインストールして放映するシステムと
ビデオサーバを使用して放映するシステムの2種類を提案していますが
お客様のご希望により、映像出力機器を変更する事が可能です。

※左) PC(DVI Playerインストール)を使用した大型ビジョンシステム例
※右) ビデオサーバを使用した大型ビジョンシステム例
大型ビジョンシステム図(PC)大型ビジョンシステム図(ビデオサーバ)
※クリックで拡大

■大型ビジョン設置までの流れ

発注から納品までの期間は、2ヶ月程度です。

大型ビジョン(街頭ビジョン・屋外用LEDディスプレイ)放映開始までの流れ