大型ビジョン(LEDビジョン・街頭ビジョン・屋外ビジョン)のことなら

大型ビジョンのライザウエスト大型ビジョン、LEDビジョンのライザウエスト

大型ビジョン、LEDビジョンのライザウエストお問い合わせ

大型ビジョン(LEDビジョン・街頭ビジョン)

■大型ビジョンの基礎知識

はじめに

大型ビジョンは、簡単に言うとパソコンモニターと同じで、
下写真のように、パソコンの画面やDVD、TVなど
モニターに出力できるものを表示させる事ができる、大型の屋外用モニターです。

大型ビジョンのテスト表示
▲Windowsデスクトップの一部が表示されています。

しかし、パソコンモニターとは使用用途と金額が大きく異なるため、
解像度、視認距離、画面サイズを、費用対効果を考慮しながら決定していく必要があります。

大型ビジョンのピクセルについて大型ビジョンのピクセルについて
大型ビジョンは、ひとつひとつのピクセルが、LED(発光ダイオード)で作られています。
ピクセルとは、コンピュータでの画像における、色情報(色調や階調)の最小単位のことです。

下写真(Windows XPのマイコンピュータ)のように、コンピュータの画像は全て
ピクセルの集合によって表現されています。

大型ビジョンのピクセルについて

大型ビジョンの1ピクセルは、RGBのLED球の集合で構成されています。
※RGB・・・レッド、グリーン、ブルーのこと。

大型ビジョンの1ピクセル

大型ビジョンとLEDLEDを使用している理由
大型ビジョンでLEDを使用する理由は、輝度の高いLEDを光源にすることで、
日光の明るさの中でも、視認できるようにするためです。
輝度が低いと、スマートフォンのように、日光の下での視認が困難となります。

led_chips.jpg
▲LED(発光ダイオード)
LEDとは、電圧を加えることで発光する半導体素子です。
LED大型ビジョンは、ピクセル自体が発光するため
バックライト方式のモニターやTVとは、発光原理が異なります。

ピクセルピッチと解像度ピクセルピッチと解像度
大型ビジョンには、ピクセルピッチという概念があり、「解像度」と「視認距離」に関わります。
ピクセルピッチとは、隣接したピクセルにおける、同色のLED間の距離の事です。

pixel_pich.jpg

ピクセルピッチが小さい程、面積あたりのピクセル数が多くなるため、
大型ビジョンの画面サイズが同一な場合は、解像度が高くなります。
同時に、使用するLED球も多くなるため、より高額となります。

解像度とは、「ひとつの絵をどれだけの点で表現するか」の数値のことです。
使用するピクセル数が多い程、高解像度(高画質)となります。

大型ビジョンの解像度について
※クリックで拡大

大型ビジョンで高解像度を実現しようとすると、その分使用するLED球が多くなるため、より高額となります。

現在のAV用途における主流解像度は、Full-HD(1,920 pixel × 1,080 pixel)ですが
大型ビジョンで、この解像度を実現するためには、莫大なコストが必要なため
費用対効果の視点ではオーバースペックになりがちです。

下2つの大型ビジョンは、Full-HDではありませんが、
TVCMの放映を行っても、解像度の不足は見られません。
但し、あまりに小さな文字はつぶれてしまいます。

※写真クリックで拡大
大型ビジョンの解像度例1
▼画面サイズ
(W)8,320 mm × (H)4,800 mm (16mmピッチ)

▼解像度
(W)520 pixel × (H)300 pixel = 156,000 pixel

※ビル壁面3階部分に設置



大型ビジョンの解像度例2
▼画面サイズ
(W)6,400 mm × (H)3,840 mm (26.7mmピッチ)

▼解像度
(W)240 pixel × (H)144 pixel = 34,560 pixel

※5階建ビル屋上に設置


ピクセルピッチと視認距離ピクセルピッチと視認距離
ピクセルピッチには、大小複数の種類があり、前述した面積あたりの解像度と共に
視認距離にも大きく関係します。

下記は、同一の写真を拡大縮小したものですが、左の写真は目が粗く全体像を捉えにくいのに対し、
右は縮小している分、目の粗さが目立ちにくくなり、比較的全体像を捉えやすくなっています。

大型ビジョンのピクセルピッチ
※クリックで拡大

大型ビジョンのピクセルピッチも同じ原理で、大きなピッチは、至近距離では目が粗く、画像を捉えにくいですが、
距離をおいてみると、目の粗さが目立たなくなり、TVやパソコンで見る画像と変わらない画質になります。

ピクセルピッチごとの適正視認距離には、以下の目安があります。

適正視認距離 = 「ピクセルピッチ × 1.16m」以上の距離
※この計算式では、ピクセルピッチをメートル換算する必要はありません。
※大型ビジョン設置場所~ターゲット地点(見せたい場所)までの距離が、適正視認距離になることが望ましいです。

例えばピクセルピッチが20mmの場合は

20mmピッチ × 1.16m = 23.2m

となり、あくまで目安ですが、23.2m以上の距離であれば、目の粗さが目立ちにくいということになります。

まとめ

1.解像度が高い程、大型ビジョンの画質は良くなるが、使用するLED球が多くなるため、高額になる。

2.大型ビジョン設置場所~ターゲット地点(見せたい場所)までの距離が、適正視認距離になる事が望ましい。
 適正視認距離 = 「ピクセルピッチ × 1.16m」以上の距離

 ピクセルピッチが小さい方が、距離を選ばず綺麗に見えるが、面積あたりの金額が大きくなるため
 適正視認距離を考慮し、ピクセルピッチを選定する方がコストパフォーマンスが高くなる場合が多い。
 ※但し、最低限希望する解像度は確保する必要がある。

3.適正視認距離が許すなら、小さなピクセルピッチを選択するより
 大きなピクセルピッチを選択し、同一解像度にする方が、
 画面サイズが大きくなる分、視認効果が高くなる。