大型ビジョン(LEDビジョン・街頭ビジョン・屋外ビジョン)のことなら

大型ビジョンのライザウエスト大型ビジョン、LEDビジョンのライザウエスト

大型ビジョン、LEDビジョンのライザウエストお問い合わせ

大型ビジョン(LEDビジョン・街頭ビジョン)

大型ビジョンの運営について

大型ビジョン運営の種類

 大型ビジョンの運営の種類は、多くの場合下記の2種類となります。

 A.自社媒体として使う(他社広告を募集しない)
  運営手順1 : 動画または静止画の、放映素材を制作する。
  運営手順2 : 専用ソフトで、放映素材のタイムテーブルを作成する。

 B.広告媒体として使う(他社広告を有料で募集し、ビジネスとして運営する)
  運営手順1 : 広告を募集する。
  運営手順2 : 顧客から、放映素材を受け取る。または、放映素材を制作する。
  運営手順3 : 専用ソフトで、放映素材のタイムテーブルを作成する。

 以下、それぞれを詳しくご説明します。


A.自社媒体として使う場合

 自社媒体として使用する場合は、広告媒体に比べると運営が楽です。
 広告媒体では、顧客の放映素材を、1日○回、1時間○回放映するなど、タイムテーブルに縛りが発生しますが、
 自社媒体では、自由にタイムテーブルを作成できるからです。

運営手順1 : 動画または静止画の、放映素材を制作する。

 (1)自社で制作する場合
  映像制作ソフトAdobe AfterEffectsや、Adobe Premiereがよく使われます。
  他には、Windows Movie Maker(無料)や、
  Microsoft PowerPointで制作したデータを、PPT to DVDというソフトウェアで動画に変換している方もいます。

 (2)他社に制作を依頼する場合
  映像制作会社は全国にありますので、地元の映像制作会社を探す事をおすすめします。
  制作料金は内容によって大きく変化しますが、予算以内で依頼する事も可能です。
  ※映像制作会社は、弊社からもご紹介できます。

運営手順2 : 専用ソフトで、放映素材のタイムテーブルを作成する。

 使用するソフトウェアで操作方法は変化しますが、
 自社媒体では、弊社推奨スケジューラー「DVI Player」を使用することがほとんどです。

 作業内容は基本的に下記のみです。
  1.放映素材データを、特定のフォルダに格納する。
  2.1日の放映時間を決める。
  3.放映素材をタイムテーブル上に並べる。

 例えば、8:00~23:00と放映時間を決めて、A、B、Cの3つの放映素材をタイムテーブル上に並べると
 A→B→C→A...と、放映時間中ループ再生し続けます。
 ※「8:00~12:00」「12:00~23:00」のような、放映時間の分割も可能です。

Plain_ble_Down.gif【動画】「DVI Player」を使用したスケジュールの組み方(1分34秒)


B.広告媒体として使う場合

 広告媒体として使用する場合は、放映素材の準備、タイムテーブル作成に加えて
 広告募集という作業があります。
 また、広告媒体でのタイムテーブルは、上限広告量などを計算して緻密に構築していく必要があります。

運営手順1 : 広告を募集する。

 自社のホームページや広告等での募集と併せて、広告代理店に依頼することが一般的です。
 ※広告代理店は、弊社からもご紹介できます。
 しかし、何よりも設置場所のロケーションが、広告募集の最大の武器となります。

 【良いロケーションの条件】
  1.交通量が多い。
  2.信号などがあり、車や歩行者が、頻繁に停止する必要がある場所。
  3.付近に、LED大型ビジョンなどが設置されていない。(競合しない)


運営手順2 : 顧客から、放映素材を受け取る。または、放映素材を制作する。

 放映素材の準備については、以下のパターンがあります。

  (1)顧客がすでに放映素材を持っている。またはこれから用意する。
  (2)放映素材を持ってないので、制作してほしい。

 (2)は、自社制作を行うか、外注するかの二択となります。
 外注する場合、弊社からも映像制作会社をご紹介できますが、
 制作の際、現地での打ち合わせや撮影が必要となる場合があるため、
 地元の映像制作会社を探す事をおすすめします。

運営手順3 : 専用ソフトで、放映素材のタイムテーブルを作成する。

 広告媒体では多くの場合、弊社推奨スケジューラー「DVI Player」を使用しません。
 クライアントに対し、放映回数の報告を行う事があるため
 放映した証拠を提示できるよう、「再生ログが確認できる放映システム」を選択する必要があるからです。

 放映システムはお客様で自由に選択できますが、映像制作と併せて運営も外注する場合は
 外注先が使用している放映システムを選択する事が最も望ましいと言えます。
 ※映像制作・運営会社は、弊社からもご紹介できます。

 【広告以外の放映素材について】
  広告だけのタイムテーブルでは、通行人の注目が集まらなくなってしまいます。
  そこで、新曲情報、映画情報等をタイムテーブルに組み込む事をお奨めします。
  これらの情報は各社に問い合わせる事によって、無料で提供してもらえます。


大型ビジョンの放映システム

放映システムについて

 大型ビジョンは、基本的にPCモニター等と同じですので
 PC、DVD、TVゲームなど、映像信号を出力できるものであれば、
 何を繋いでも表示させることができます。

 大型ビジョンを運営する場合は、「任意の放映素材を任意の時間に」表示させる必要がありますので、
 スケジューラーを使用する事がほとんどです。

 ここで言うスケジューラーとは
  ・映像を再生・表示する時間帯を決定できる。
  ・複数の動画の再生順を、任意で決定できる。
 という機能を持った、PCのソフトウェアのことです。

 弊社では主に、推奨スケジューラー「DVI Player」をご提案していますが、PC上での再生となるため、
 高解像度の動画データを長時間再生する場合は、スペック不足になりがちです。

 こうした場合、ビデオサーバー等の再生専用機の使用を推奨していますが、
 「推奨の再生専用機」はありませんので、ご希望の再生機器を選択頂けます。
 ※最近の実績では、MEDIA EDGE株式会社製ビデオデコーダーを使用したケースがあります。
 ただし、運営を外注する場合は、外注先が使用している放映システムを選択する事がベストです。

Plain_ble_Down.gif放映システムに関する簡易システム図
ledvision_system01.jpg
 ※クリックで拡大